読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不死身の漢!

このサイトは私ことジョンが映画、アニメ、ゲームの批評、解説をするサイトです。

『聲の形』 感想 見た後もずっと幸福感が続く、夢のような物語。

アニメ

今日『聲の形』を見てきた。

f:id:nightstalker0318:20161006212113p:plain

 

見終わってからも、ずっと幸福感が続く、そんな映画だった。

2時間ずっと夢の中にいるようだった。それは序盤のいじめのシーンのような悪夢もあれば、現実とは思えないほど心地の良い光景もあった。

ザ・フーの『My Generation』をバックに、小気味の良い編集でセンスの良い映像が流れていく非凡なOPから「何かこのアニメ凄そう」と心はグッと引き込まれていく。


続きを読む

本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか?番外編 サタンをモデルにしたキャラクター達。(メタルギアソリッド5:ファントムペイン考察)

メタルギアソリッド

前回⇦本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか? 第1章 ビックボスと『失楽園』

 

 

f:id:nightstalker0318:20160826101709p:plain
ギュスターブ・ドレ作 『失楽園』の挿絵

f:id:nightstalker0318:20160826102013p:plain

 第1章で『失楽園』と『MGS5』の関連性について考察しましたが、ちょっとした雑学として映画、漫画、アニメにおいてサタンがモデルになったであろうキャラクター達の中で、僕が知っているものを紹介していきます。

 彼らは皆、サタンの亜種であり、ビックボスの同類であり、同じように楽園を失った者たちなのです・・・。

 

続きを読む

本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか? 第1章 ビックボスと『失楽園』(メタルギアソリッド5:ファントムペイン考察)

メタルギアソリッド

 *この記事には『メタルギアソリッド5:ファントムペイン』のネタバレが含まれています。*

前回⇦ 本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか? 序章 「本当にダイヤモンド・ドックズは悪に墜ちたのか?」

次回⇒ 本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか?番外編 サタンをモデルにしたキャラクター達。

 

 序章において、『MGS5』の抱える不可解な部分をあげていき、その結果『MGS5』がどういう物語か分からないことが、プレイヤーを戸惑わせているというお話をしました。
 そして『MGS5』がストーリーの中でやりたかったことは「全体主義に向かっていく人々とその破滅を描いた物語」ではないか?という僕の考えを書きました。

 しかし小島監督は本作において、そのテーマを様々な文学の引用によって表現しているので、それを読み解くのは非常に難しいことになっています。
 なので今回から『メタルギア』をとりまく様々な小説と『MGS5』の関係をできる限り分析し、『MGS5』がどういう物語で、何を言いたかったのかを探っていきたいと思います。

 僕自身も勉強しながら書いているので、文学に詳しい方が見ると物足りないかもしれませんがそこはお許しください。

 

『メタルギア』シリーズの背景にあるもの

 さて、『MGS5』がどういう物語なのかを知るには、まず『メタルギア』シリーズそのものの背景に何があるのかを考えなくてはなりません。
 影響を与えたという『1984年』や『白鯨』、『蠅の王』をそれぞれ単独で読むのではなく、それぞれの作品の背景や関係性を考えていくと『MGS5』はより理解しやすくなります。

 聖書から『メタルギア』シリーズにいたるまでの影響を図にするとおよそこのような感じです。

f:id:nightstalker0318:20160822005327p:plain

 聖書は特に重要で、全ての作品の根底に影響を与えているのものです。
そこから『白鯨』が生まれ、『白鯨』に影響を受けて『闇の奥』が書かれ、『闇の奥』(というよりコンラッド作品に)影響を受けて『1984年』が書かれています。

続きを読む

本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか? 序章 「本当にダイヤモンド・ドックズは悪に墜ちたのか?」(メタルギアソリッド5:ファントムペイン考察)

メタルギアソリッド

 *この記事には『メタルギアソリッド5:ファントムペイン』のネタバレが含まれています。*

 

次回⇒本当に『MGS5』は悪に墜ちたのか? 第1章 ビックボスと『失楽園』

 

 『MGS5』の残した”幻肢痛”

f:id:nightstalker0318:20160826004210p:plain

 『メタルギアソリッド5:ファントムペイン』の発売から1年が経ちました。


 そんな中MGS関連の掲示板を見ていたら「結局『MGS5』が何だったのかよく分からない」という書き込みが。

 今回の『MGS5』はプロモーションが始まったころから『悪に墜ちる』というテーマを大々的に掲げて、ビックボスとその仲間たちが悪に染まっていく姿が描かれると言われていました。昔からのMGSファンは当然ハードなストーリーになると予想します。

「とうとう初代『メタルギア』に話が繋がるのか・・・」

 こうして期待値はどんどん上がっていき、とうとう『MGS5』は発売されます。
しかし実際にプレイするとその内容は、ダイヤモンド・ドックズは最後まで正義の味方として行動していて、一番の悪役は裏切り者のヒューイという展開になり ビックボスは影武者で本物ではなかったという真相が明かされ、終わり・・・。

続きを読む