読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不死身の漢!

このサイトは私ことジョンが映画、アニメ、ゲームの批評、解説をするサイトです。

デヴィッド・ボウイ LarazusのPVを考察 

その他

ベスト オブ ボウイ デヴィッド・ボウイ SCD-W14-KS

今年の1月10日に亡くなったデヴィッド・ボウイ(享年69歳)。

彼が死の直前に出したアルバム『ブラックスター』は批評的にも興行的にも成功しましたが、ファンを驚かせたのは、その内容がまるで彼自身の死を予期したようなものであったことです。

★(ブラックスター)

★(ブラックスター)

 

 

特にその中の一曲『Lazarus』は歌詞の内容からPVの映像まで死の空気で満ちています。

ボウイは18か月の闘病の末に亡くなりましたが、長年彼のプロデューサーを務めたトニー・ヴィスコンティによれば、この歌の中でベッドで苦しむボウイが歌う歌詞は、自分の死を知っていた彼からのファンへのメッセージなのだそうです。

続きを読む

映画評論家 町山智浩 氏への謝罪。

2016年5月18日 町山智浩氏に対して非常にぶしつけで無礼なツイートをしてしまいました。

町山氏が脚本を担当した『進撃の巨人』を鑑賞後、衝動的に無礼なツイートを三件送りつけてしまいました。

内容は映画無駄話へのリクエストと共に

「映画版『進撃の巨人』について「失敗だった」と思っているなら正直に「失敗作だ」と評論してほしい。町山さんが過去に行った『20世紀少年』『ダークナイトライジング』『どろろ』『デビルマン』への批判と発言が矛盾する」

「今まで色々な作品を率直に批判してきたのに、なぜ自分の作品についても正直に評論しないのか」

などと迫るものでした。

このような不用意で無礼な発言を行い、町山様にはたいへん不快な思いをさせてしまいました。

衝動的とはいえ、自分で書き込んだ傲慢な書き込みであり、今更「あんなこと書くつもりはなかった」と言い訳することはできません。

ツイートは既に三件とも削除しました。

もし町山氏がこれを見ていたら、この場を借りて謝罪します。

誠に申し訳ありませんでした。

なぜ『コール オブ デューティ』は宇宙へと旅立ったのか? 『COD』の歴史と問題点。

ゲーム

f:id:nightstalker0318:20160516022338p:plain

www.youtube.com

 

『コール オブ デューティ インフィニット ウォーフェア(Call of Duty: Infinite Warfare』(IW)の予告編が5月2日に公開されました。

ですが評判はものすごく悪いようです。

これを書いてる5月12日時点でyoutubuの予告動画は高評価が31万強。対して低評価は183万というトンデモナイことに。
面白がって低評価を押してるだけの人も相当数いるでしょうが、これには開発元のinfinity wordも流石に焦ったことでしょう。

これに対して5月6日に公開されたDICEの『バトルフィールド1』の予告編は高評価が137万とかなりの人気です。

www.youtube.com


ネット上では「BF1」と比べての期待値の落差から、「RIP COD」という単語が飛び交う事態になっています。(RIPとは墓石によく書き込まれる文字で「安らかに眠れ」の意味)

まだ全体の雰囲気を見せるだけの段階なので実際のゲームは非常に革新的な内容になっている可能性はあります。
なのになぜ予告編の時点でこんな事態になっているのでしょうか?

 

今回はその理由と解決策を考えたいと思います。

続きを読む

『ユニバーサル・ソルジャー 殺戮の黙示録』批評(前編) 『MGS5』、『虐殺器官』を理解したい人が見るべき傑作SFホラー!

映画批評 メタルギアソリッド

f:id:nightstalker0318:20160313201513p:plain

 

「パパ、キッチンにお化けがいるの」

ジョンはある夜に幼い娘の声で目を覚ます。
眠たい目をこすり、隣で寝ている妻に娘を任せてジョンはキッチンを見に行く。

ジョンはどこにでもいる普通の男、妻と娘がいて人並みの暮らしをおくるアメリカの平凡な男だった。
ジョンがキッチンの扉を開けるとそこには黒いマスクをかぶった男が三人立っていた。
男の一人がジョンを殴った。血まみれになるまでジョンを殴り続ける。
妻と娘がキッチンに連れてこられた。ジョンは必死に二人の命乞いをする。
男の一人がマスクを取る。スキンヘッドの恐ろしい顔が見えた。
スキンヘッドが妻の頭を撃ち抜いた。
そして娘の頭も撃ち抜いた。

ジョンが絶叫しながら目を覚ますとそこは病院だった。FBIから来たという男がスキンヘッドの男の写真を見せる。
「彼が君の家族を殺した」
スキンヘッドの名前はリュック・デュブロー、名誉勲章を受けたこともある兵士だが現在は逃亡犯だという。
傷が癒えて家に帰宅するジョン。家にはもう誰もいない、妻も娘もいない空間。
ジョンの心は空っぽになってしまった。娘の部屋でジョンは泣いた。
次の日の朝、電話がかかってきた。

「ジョン、無事だったか。今までどこにいたんだ」

知らない男の声。知らないが自然とジョンは調子を合わせた。男はひどく怯えていた。

「「奴ら」に見張られてる、どうすりゃいい?」

ジョンは「すぐ行く」と返事をした。
なぜそんなことをするのか自分でもわからないままジョンは男から住所を聞いてメモを取る。ジョンは車を走らせ、メモした住所にあるアパートに向かった。男の住んでいるという部屋に入るジョン。
すると男は部屋の中で待っていた、グチャグチャの死体になって。
部屋の中にあったテープレコーダーを再生すると今はグチャグチャになった男の声が聞える。

「ユニバーサル・ソルジャー計画、第2段階。培養期間が9か月を切った・・・」

頭が痛い、何も思い出せない、リュック・デュブローを探さなければ・・・。
ジョンの前に深い闇が広がり始めた・・・。

 


ユニバーサル・ソルジャー殺戮の黙示録 レッドバンド・トレーラー 日本語字幕

 

続きを読む