読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不死身の漢!

このサイトは私ことジョンが映画、アニメ、ゲームの批評、解説をするサイトです。

「町山智弘の映画無駄話」が面白い!

町山智浩 その他

tomomachi.stores.jp

映画評論家の町山智弘さんがやっている有料ポットキャスト「映画無駄話」がおもしろくて最近よく聞いています。
最新回は「映画のストーリーについて考える」
そもそも映画のストーリーってどういう風にできていて、わかっているようでわからない「面白い、つまらないって何?」という疑問を脚本家の視点でわかりやすく説明しています。
現在週一で更新されていますが、これだけ濃い批評を週一で出してこれるの本当にすごいですね。


町山智弘さんの批評の特徴はとにかくその映画の裏に隠された意味を徹底的に説明することです。

その映画が影響を受けた文学、映画、文化。

制作者の個人的な経験。

などを掘り下げ、その映画がどういった形で出来上がっているのかを明らかにします。
しかも評論家にありがちの難しい言葉ではなく、わかりやすく時に笑わせながら上手に解説してくれます。

町山さんによれば「映画は(内容の)意味がわからなくても楽しめるが、わかればもっと楽しめる」とのこと。

映画ファンだけではなく、映画関係者にこそ聞いてほしいポットキャストですなというか、おそらく聞いてるんでしょう。

 

おすすめ「無駄話」!

『風たちぬ』
実際に「宮崎駿監督作ブルーレイBOX」に原稿を寄せた町山さんが「風たちぬ」の裏にある宮崎作品すべてに共通するものを解説しています。宮崎さんという作家のことがよりわかりやすくなります。

鈴木則文
「下品こそ、この世の華」こと東映プログラムピクチャー帝王、鈴木則文監督特集。とにかく笑わせてくれる回です。放送禁止用語連発ですのでご注意くださいw

「映画と原作の関係」
進撃の巨人』の脚本を務めた町山さんが「原作と映画が違ったって良いじゃないか」という視点から原作を改変して名作になった色々な映画の紹介とともに、なぜ改変した方が良いのかを解説します。

惑星ソラリス
インターステラー』が影響を受けたという不朽の名作を解説。『インターステラー』がどこに影響を受けたのかの説明も面白いですが、日本のホラー『四谷怪談』との関連性をあげるところがさすが町山さん。実際にノーラン監督にインタビューした内容を話している『インターステラー』とセットで聞くのがお勧め。