読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不死身の漢!

このサイトは私ことジョンが映画、アニメ、ゲームの批評、解説をするサイトです。

『ミッションインポッシブル・ローグネイション』を解説①。監督と俳優。

映画批評

f:id:nightstalker0318:20150831150230p:plain

 

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]
ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

 

先週、『ミッションインポッシブル・ローグネイション』を見てきました。

この映画、全米でシリーズ中最大のヒットとなっただけでなく、世界中でNO1大ヒットして、しかも批評的にも成功しているそうです。アメリカの批評サイト、「ロッテントマト」で批評家たち97%の支持だそうです。
私生活に色々問題を抱え、人気も落ちてきたと言われるトム・クルーズはしてやったりといったところだと思います。


『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』特報予告編 60秒 - YouTube

 

監督・脚本、クリストファー・マッカリーとは?


監督クリストファー・マッカリーと聞いてもほとんどの人は「誰?」という感じだと思います。
この人の一番有名な仕事は、あの『ユージュアル・サスペクツ』の脚本です。マッカリーはあの映画でアカデミー脚本賞を受賞しました。
元々は脚本家ですので、監督する映画では必ず脚本も担当します。

『X-MEN』の監督などで知られるブライアン・シンガーとは高校時代の学友で、彼の誘いで93年制作の同監督の映画『パブリック・アクセス』の脚本を担当したことでデビューしました。
映画マニア、というよりガンマニアの間では『誘拐犯』という映画を撮ったことで知られています。

誘拐犯 DTSスペシャル・エディション [DVD]

誘拐犯 DTSスペシャル・エディション [DVD]

誘拐犯 DTSスペシャル・エディション [DVD]

 

 
ガンマニアにはたまらない映画。ベネチオ・デル・トロとライアン・フィリップが見事なツーマンセルを見せる!

 

2000年制作の『誘拐犯』はマフィアのボスの子供を身ごもる女性を主人公のチンピラ二人組が誘拐、金を脅し取ろうとしますが、マフィアのボスがそれを取り返そうとして殺し屋を送り込み、壮絶な銃撃戦が展開される・・・という犯罪ドラマです。
この映画の最大の魅力はとにかく銃撃戦の描写です。コンバット・シューティングを徹底的にトレーニングされた俳優達が見せるリアルな動きは必見です。
マッカリー監督自身が銃に詳しいので、劇中三度ある銃撃戦の描写は徹底的に細かく作り上げられています。
現代の監督でありながら、まるで70年代の映画のような骨太な演出をする人物であり、余計な音楽や爆発無しの銃撃戦、カーチェイスの描写はこの人の映画の魅力です。

アウトロー [DVD]

アウトロー [Blu-ray]

アウトロー [Blu-ray]

 

 地味だけど本当に面白い映画『アウトロー』。ライムスター宇多丸も絶賛した。

 

しかし同時に2010年の酷評映画『ツーリスト』の脚本も担当した人物でもあります。
この映画は批評家から徹底的に酷評され、アメリカ国内では大ゴケ。にもかかわらずゴールデン・グローブ賞にノミネートされたことで映画関係者から失笑されるという事態に。
マッカリーにとっては完全に汚名と言える作品でしょう。
でもやっぱり今後に注目できる良い監督です。

 

 

トム・クルーズはなぜ危険なスタントに挑戦できるのか?

f:id:nightstalker0318:20150831064929j:plain
最初絶対CGだと思った。でも実際のスタント。


トム・クルーズが映画の中で輸送機の外にぶら下がったまま離陸するシーンは、僕も最初は「さすがにCGだろ、これは!」と思いましたが本当に本人がぶら下がってるのを撮影したそうです。ほかにもカーチェイス、バイクシーンなど本人がスタント無しで演じているそうで、公式サイトに証拠とばかりにメイキングが上げられています。

トム・クルーズの行う危険なスタントが注目を浴び始めたのは『MI:2』の頃からです。この作品のなかでトム・クルーズは冒頭からグランドキャニオンの絶壁を登ったり、数十メートルの高さから急降下ジャンプしたりと、全てノースタントで行っています。
通常こういう危険なスタントを本人がやろうとする場合、周りが止めることが多いらしいですが、トム・クルーズの場合、最近の作品は全て本人がプロデューサーとして制作に関わっているため、こういう危険なスタントにも挑戦することができるのです。
噂ではトム・クルーズのスタントに対するこだわりは、ジャッキー・チェンを強く意識しているからと言われています。
ジャッキー・チェンは正気とは思えない危険なスタントをする映画を作ることで有名ですが、それはジャッキーが制作者として作品に参加して、作品作りを徹底的にコントロールすることで可能になっているのです。
そのためジャッキー映画のほとんどは彼本人がプロデューサーも兼ねていて、監督や共演者選びもジャッキーが行っています。

トム・クルーズも監督や脚本家、競演する俳優などを、自身が仕事がしやすい人選にすることで、自身が行う危険なスタントを可能にしているのです。
『MI:3』にもジャッキー映画にも出演している、マギー・Qも「トム・クルーズはジャッキーと良く似てる」とインタビューで答えたそうです。

www.youtube.com
どう考えてもやりすぎな『MI:2』のアクション。でもカッコいい。
トム・クルーズがスタント無しで頑張ってます。

 

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]

ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション ブルーレイ+DVDセット(2枚組) [Blu-ray]