読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不死身の漢!

このサイトは私ことジョンが映画、アニメ、ゲームの批評、解説をするサイトです。

連載:映画の銃撃戦!第1回『エイリアン2』

映画の銃撃シーン特集!

映画の中の「銃を撃つシーン」が好きだ!
対人間、対動物、対化け物、対宇宙人、相手は誰だって良い!
A級だろうがB級だろうが関係ない!映画の出来不出来も関係ない!

カッコいい銃撃シーンさえあれば良い!

そんなおススメの銃撃戦シーンを紹介する「映画の銃撃戦」特集、記念すべき第一回は僕の人生において非常に重要な映画『エイリアン2』です。

エイリアン2 [Blu-ray]

エイリアン2 [Blu-ray]

エイリアン2 [Blu-ray]

 

 

なぜ銃撃戦特集なのか

まず言っておくと僕は「銃が出てくる映画」が大好きです。はっきりいって「銃が出ない映画」には興味ありません。
いや、もちろん評判の映画や、歴史的名作などは見たいし、実際見ると銃が出てくるアクション映画よりも面白かったりするのですが、いかんせん見るまでがなかなか大変で、見る気が起きないのです。

当然その理由は僕がガンマニアだからですが、そのきっかけになったのがこの『エイリアン2』です。

僕は小学3年生の頃、ゴールデン洋画劇場で放映された『エイリアン2特別篇』(『エイリアン2完全版』をテレビ用に編集したもの。96年6月に放映)を見て、大きな衝撃を受けました。それから何年も僕は『エイリアン2』漬けになり、何度も見返しました。僕が特に衝撃を受けた部分は宇宙海兵隊と、その装備のカッコよさの部分でした。

そこから僕の「銃撃映画好き」人生が始まったのです。
頭の中で『エイリアン2』の戦闘シーンを何度もリフレインし、空想癖がひどい子供になりました。それは今でも治っていません。
ビデオ屋に行っては『エイリアン2』のような「銃撃映画」を探しては、手当たり次第に借りて見続けました。
しかし難しいものです。やはりあの『エイリアン2』の衝撃にかなう映画はなかなか見当たりません。
その「『エイリアン2』のような映画探し」は今も続いていて、『世界侵略ロサンゼルス決戦』が公開した時は「ウオオオオオ!超期待!!」と大興奮し、見に行って大きな失望を味わったりしました。

ビデオ屋に『ニーチェの馬』を借りに行った時、ふと下の棚を見たら『ゾンビ対SWAT』なんて安物映画が置いてあって、「絶対につまらない」「時間の無駄だ」と心が警告を発しているのに、我慢できずに『ニーチェ』ほったらかしでそっちを借りてしまったりと、僕は今でも『エイリアン2』の呪いに呪縛され続けているのです・・・。

僕のパソコンの中には映画の銃撃シーンだけ取り出した映像ファイルが山ほどあります。たとえ映画自体はどれだけつまらなくても、銃撃シーンさえ良ければ、僕は全て許してしまいます。すべては『エイリアン2』の呪いなのです・・・。

そんなわけでこれからこのブログでは定期的に、僕が見てきた映画の中からおススメの「銃撃(するシーンのある)映画」を紹介していきたいと思います。

そして最初に紹介しなくてはならないのは当然『エイリアン2』です。

 

『エイリアン2』の銃と銃撃戦シーン

f:id:nightstalker0318:20151226023229j:plain

 


『エイリアン2』
原題:ALIENS
1986年 アメリカ映画
監督・脚本:ジェームズキャメロン
音楽:ジェームズ・ホーナー
出演:シガニー・ウィーバー
   マイケル・ビーン
   ランス・ヘンリクセン
   ビル・パクストン
   キャリー・ヘン

「 銃撃戦映画」としてのおススメ度

映画の面白さ  ★★★★★
リアル度    ★★
爽快感     ★★★★★

 


 

 

エイリアンと宇宙海兵隊との激しい戦闘を描いた『エイリアン2』は、公開後いろんなSF映画がこの映画の模倣を繰り返すという状況を生み、今でもそれは続いています。96年の『ゴジラ対デストロイヤ』、2005年の『DOOM』や、2010年の「SPACE BATTLE SHIP ヤマト」などに露骨に本作に影響を受けたシーンが出てきます。
B級映画などを含めれば、山のような数になるはずです。

そもそも1979年に公開された第一作『エイリアン』には武器は出てきません。ノストロモ号の科学者アッシュが船内の道具をツギハギして作る簡易な火炎放射器が出てきますが、エイリアンに対しては使う機会がありませんでした。
『エイリアン』は宇宙船という閉鎖された空間で、未知の生物と遭遇する恐怖を描いた作品なので「怪物を退治」する爽快感などからは大分遠いものでした。
しかし1986年に公開された続編は、それを完全に打ち破りました。

一作目では一匹だけだったエイリアンが本作では何百匹にも増殖し、それに立ち向かうために強力に武装した海兵隊がエイリアンの惑星に乗り込んでいくというストーリーになったのです。

f:id:nightstalker0318:20151226034634j:plain
見よ!超カッコいい海兵隊整列シーン。このワクワク感よ。

 

監督のジェームズ・キャメロンは元はロジャー・コーマンの下で修業した特撮スタッフであり、同時にガンマニアでもありました。『エイリアン2』は特撮マンとガンマニアとしてのキャメロンの資質が100%出た作品となっています。(さらにキャメロンの弟は実際にアメリカ海兵隊員でした)

キャメロンはベトナム戦争にとても興味があり、現在に至るまで何度かベトナム戦争をモチーフにした作品を撮っています。脚本を書いた『ランボー2』、『アバター』もベトナム戦争のイメージを投影しています。その中でも特にこの『エイリアン2』は、当時のキャメロンのベトナム戦のイメージが色濃く出た映画なのです。
海兵隊の装備や乗り物もベトナム戦争時の米軍のイメージで製作されました。

SNOW WOLF M41Aパルスライフル AEG (宇宙海兵隊主力武器) 迷彩カラー

f:id:nightstalker0318:20151226023340j:plain
シガニー・ウィーバーは銃規制賛成の立場から「銃を撃つ場面は演じたくない」と主張したが、キャメロンが説得してなんとか納得させた。しかし実際に映画で撃ちまくった後のシガニーは一言、「悪くないわね」。
「映画の銃撃戦」の魔力から人は逃げられないのだ・・・。

 宇宙海兵隊の標準装備であるM41A1パルスライフルはトンプソンM1機関銃とスパス12ショットガンを組み合わせて製作されています。

この銃は銃身の下にポンプアクション式グレネードランチャーを装備しており、ハンドガードを前後にスライドさせられるのですが、それがカッコよくてたまりません。

劇中に主人公のリプリーや、海兵隊のバスケスがグレネードランチャーを発射するために豪快にポンプアクションをするシーンは最高に盛り上がる場面になっています。

f:id:nightstalker0318:20151226023414j:plain
グレネードランチャーを発射するバスケス。超カッコいい

 

前半に登場するスマートガンも見逃せません。ドイツのMG42機関銃をもとにカワサキのバイク部品などを組み合わせ、さらにステディカム用のハーネスを使って使用者と固定するというSF感満載の銃です。 

f:id:nightstalker0318:20151226023546j:plain

f:id:nightstalker0318:20151226023602j:plain

f:id:nightstalker0318:20151226035232j:plain

さらに射手は装着型ディスプレイによって正確な照準が可能となっているなど(アパッチ攻撃ヘリに搭載されているのと同じシステム)、ハイテク感あふれる武器となっており、この銃とパルスライフルは当時のガンマニアを熱狂させました。そしてこれらの銃が発する独特の銃声も、非常に特徴的です。

f:id:nightstalker0318:20151226041503j:plain
『エイリアン2』の銃器を製作したサイモン・アザートン。俳優の銃器指導も行った。
銃のデザインはキャメロン監督自身が行っている。

 

しかしこの映画を爽快な「銃撃戦映画」にしているのは巧みな撮影です。
この映画では海兵隊が100匹を超えるエイリアンと戦うことになりますが、実際の撮影ではエイリアンスーツを着たアクターは6~8人程度だったそうです。
映画の後半、医務室での銃撃戦で天井裏から次々に降ってくるエイリアンに対して海兵隊が一斉射撃しますが、薄暗い部屋で細かくカットを割ったりスモークを炊いたり銃のマズルフラッシュを強調したり、あらゆる手段でごまかしており、制約された条件の中で激しい戦闘シーンに演出しています。

f:id:nightstalker0318:20151226023820j:plain

f:id:nightstalker0318:20151226023844j:plain

f:id:nightstalker0318:20151226023908j:plain
銃弾の雨を降らせる海兵隊、しかし洪水のように次々襲い掛かるエイリアン達。息をのむ大戦闘シーンだが実際には数匹のエイリアンを使いまわしてるだけ。

 

本作の名シーンとしては、やはりエレベーターの中で戦闘準備をするリプリーを挙げないわけにはいかないでしょう。
リプリーはまず最初にパルスライフルと火炎放射器をガムテープで巻きつけて合体させ、M40グレネード弾をありったけ引っ掴み、道に迷わないための発煙マーカーを全部ポケットに入れて、エレベーターに飛び乗ります。
エレベーターの中でパルスライフルにグレネード弾を次々に装てんしていき、ガシャッとスライドさせます。そして深呼吸して、おもむろに火炎放射器のガススイッチを押します。
音楽が最高に盛り上がり、エレベーターが最下層に到着してドアが開く・・・・。

アクション映画には主人公が敵地に乗り込む前に戦闘準備をするシーンがよくありますが、その中でもこのシーンは最高峰の一つでしょう。

f:id:nightstalker0318:20151226024604j:plain
ガチャッ!

f:id:nightstalker0318:20151226024639j:plain
ゴドッ

f:id:nightstalker0318:20151226024432j:plain
ガチャッ!

f:id:nightstalker0318:20151226024503j:plain
ゴドッ

f:id:nightstalker0318:20151226024947j:plain
カチャカチャ
俺のような『エイリアン2』マニア、というよりはガンマニアはこのガチャガチャ音を聞くだけでヌける!
ちなみにこのシーンよく見るとパルスライフルと火炎放射器を取り出す順番があべこべになっている。BDでは修正された。

f:id:nightstalker0318:20151226025359j:plain

f:id:nightstalker0318:20151226025417j:plain
カッコいい!

 

さらにリプリーがエイリアンの巣に到着し、そこを徹底的に破壊するシーンも最高です。火炎放射器振り回すように放射してエイリアンの卵を焼き払い、さらにグレネードランチャーを次々エイリアンクイーンの卵のうに打ち込んでいき、内部で大爆発して卵のうが中の卵ごと破裂!!
最後は手りゅう弾の束を投げ入れて、巣を完全に爆破します。
正直エイリアンが可哀そうですが、最高に爽快な場面となっています。

f:id:nightstalker0318:20151226025641j:plain
ブオアアアアアッ!!

f:id:nightstalker0318:20151226025714j:plain
ドルルルルルルルッ!!

f:id:nightstalker0318:20151226025840j:plain
ガシャッガシャッ! バシッッ!!

f:id:nightstalker0318:20151226025940j:plain
ドプンッッ!

f:id:nightstalker0318:20151226030418p:plain
ドバァンッ!!!

f:id:nightstalker0318:20151226030530j:plain
リプリー「そぉい!」

f:id:nightstalker0318:20151226025547j:plain
ボンッ!ボンッ!!ボンッ!!!巣を完全に爆破!最高だぜ!でもひでぇ!!



 とにかくこの映画は全てのシーンが細かく作りこまれており、安っぽいシーンは一つもありません。ちなみこの映画の製作費は18億円です。今現在100億円以上の映画で、これよりも安っぽい映像があることを考えるとキャメロンの映像技術がどれほどすごいかわかります。

数ある「銃撃戦映画」の中でも、この『エイリアン2』は僕にとって特別です。
いまだにこれを超えるクオリティの迫力に出会えないというのも理由ですが、これを見たことで銃になんの興味もなかった僕がガンマニアになり、同時に映画好きになるきっかけになったからです。
そして同時に「『エイリアン2』のような映画以外、興味を持ちにくくなった」という点でネガティブな感情もあります。

僕にとっていい意味でも悪い意味でも『エイリアン2』は特別な「銃撃戦映画」なのです。



登場銃器

M41A1パルスライフル
M56スマートガン
M240火炎放射器
イサカM37ショットガン
VP70ハンドガン
S&W39ハンドガン(劇中ではM4A1という名称、バスケスのサイドアームとして登場)

f:id:nightstalker0318:20151226032059j:plain
「こいつに限るさ(ガシャッガシャ)、接近戦はな」(CV:田中秀幸)
エイリアン2ガンマニアの中学生は皆マネしただろう有名なシーン。カッコいい!
でも西暦2179年までこんな古い銃使ってるのかな・・・?

 

f:id:nightstalker0318:20151226035958j:plain

f:id:nightstalker0318:20151226035944j:plain
こちらはアーケードゲームの『エイリアン2』。基本『エイリアン』ゲームはパルスライフルでエイリアンをぶち殺すだけ。この風潮は『エイリアン・アイソレーション』登場まで続くことになる。
僕はパルスライフルを使いたくてよくプレイしに行った。

 

エイリアン2 [Blu-ray]

エイリアン2 [Blu-ray]

 

 

エイリアン2 完全版 アルティメット・エディション [DVD]

エイリアン2 完全版 アルティメット・エディション [DVD]

 

  

イサカ M37 ポリス

イサカ M37 ポリス

 

 

 

こちらは2013年に出た『エイリアン2』の続編となるゲーム版。 評判はイマイチだが、『エイリアン2』の銃を自分で使えるのは嬉しい。